精神科求人情報!看護師が転職するためのノウハウ

精神科で働くメリットとデメリット

精神科は同じ病院内でも他の内科や外科などとは大きく業務内容が違います。給料に関しては、他に比べ圧倒的に高いです。日常の仕事も急変患者などに追われることもないため比較的落ち着いて業務をこなせます。そういった、急変なども特にないため残業などの時間外勤務も比較的少ないことがメリットといえます。デメリットとしては、業務内容が大きく違うために一般的な看護知識がなかなか身につかないということがあります。もうひとつ、精神科で働く大きなポイントは危険度の違いです。患者は精神病に悩む患者なので、妄想や中毒患者など、ひとつ間違えると、攻撃的になり、看護師に対して暴力をふるったり、暴言を吐いたりと、求められるのは強い精神力と体力です。精神科に勤めるときに急性期・慢性期あるいは、開放病棟なのか、閉鎖病棟なのか、ということも考える必要があります。同じ精神科でも患者の雰囲気が違っていたり、病院そのもの雰囲気も違うときがあるからです。体力、精神力ともに自信があり、精神分野に興味のある人にはうってつけの職場になります。